テーマ:波形変換

VCLFO and Modulation Control VCA

モジュレーションのために、±5Vで動くLFOとVCAを設計しました。±5Vなのは、DC-DCコンバータを持っているからです。 回路図: LFOは、基本的に三角波を発生します。特別な回路ではないです。CMOSのRail-to-Railオペアンプで、電源電圧いっぱいに振って、電源電圧を基準電圧に使うことで、簡単な回路で三角波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 6.

Wavemultiplierを電池動作するように設計しました。信号振幅は5Vです。 回路図: 入力信号は交流結合ですが、CVなどを足して直流結合できるように一段目にアンプをつけました。 電源中点は、各段で電源から対称に作るようにしました。もちろんBias回路を設けたほうがいいです。折れ曲がる電圧を決める基準電源も電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 5.

Ken Stoneさんの回路に触発されて、よりたくさん折れ曲がるように考えました。 回路図: 波形: 1段あたりでは、Ken StoneさんのサイトにあるRockheart Wavefolderというのと同じようなカーブが得られます。 各段で約3倍の利得があり、周波数が3倍の成分が発生します。入力の振幅で何倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 4.

Wave Multiplierが楽しいので、波形を歪めて倍音を作りだす回路を本気で考えました。 アナログコンピュータの折れ線近似回路を参考にしました。 ほぼ同じ抵抗値を使えば、きれいな正弦波的な関数ができることが分かりました。 回路図 シミュレータでできた波形 回路は、露骨にダイオードによる折れ線近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 3.

オペアンプを減らす構成も設計しました。 このYusynthの回路ととても似ています。以前見たものが記憶に残っていたのかもしれません。 http://www.yusynth.net/Modular/EN/WAVEFOLDER/index.html きれいな正弦波風の曲線になるように定数を試行錯誤しました。シミュレーションでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 2.

Wave Multiplierの最終段で利得を得るようにして、出力用のアンプを別途設ける必要が無いようにしました。 CGSのWave Multiplier http://www.elby-designs.com/webtek/cgs/cgs29/cgs29_wave_multiplier.html 回路図 波形図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 1.

Ken Stone さんの Cat Girl Synth にある、Wavemultiplier がとても面白そうなので、いろいろ考えました。 CGSはこちら。 http://www.elby-designs.com/webtek/cgs/cgs29/cgs29_wave_multiplier.html ここの回路図の下の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Saw-to-Sin Converters

1オペアンプで全波整流してノコギリ波を三角波に変換する回路を検討しているうちに、正弦波にも変換できることに気づきました。 元になった全波整流回路: http://houshu.at.webry.info/201201/article_5.html ノコギリ-正弦波変換回路: Saw to Sin Converters.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Single Opamp Full Wave Rectifiers.

オペアンプ1個で高精度な全波整流ができる回路について、シミュレーションしました。回路は以前から公開してあったのですが、シミュレーションもブレッドボードテストもしていませんでした。高精度かどうかはともかく、そこそこ動きそうです。 以前から公開していた回路はこちらにあります。MS20のノコギリ波→三角波変換回路を元にして、ダイオードの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more