Furman PQ-3 Parametric Equalizer

パラメトリックイコライザで、ディップをとても深くすることができます。 普通のパラメトリックイコライザは、フィードバックでディップを作りますが、このイコライザでは減算でディップを作ります。 細くて深いディップを作れるので、ハウリング防止などに便利です。 回路図へのリンクがある掲示板: https://www.gearslu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Befaco Modular Synth

多くのモジュールで回路図を公開しています。キットも販売しています。 https://www.befaco.org/en/ 複雑なデジタル物も多いですが、アナログモジュールも独特です。 ・VCAはリニアと指数を連続的に変えられます。 ・VCFは、MS-20ほかで使われているKorg35を使った回路形式に、電圧制御のレゾ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wide Range Dome Filters.

とある人から要望を受けて、とても広帯域なDomeフィルタを設計しました。 Domeフィルタは、位相が90度異なる信号を作り出すフィルタです。普通は1次のAPFを縦列接続してつくるのですが、2次のAPFを使うと少ない段数(=アンプ数)でかなり広帯域をカバーすることができます。 1次のAPF縦続接続6段で作った例: http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tip Top Audio VCA

Tiptop Audioの新しいVCAで、CV (Control Voltage)系の設計をお手伝いしました。 http://tiptopaudio.com/vca/ CVへの応答曲線を、指数的~直線~対数的まで連続的に変えることができます。 この機能が気に入ってもらえたようで、回路設計の依頼が来て、お手伝いした次第です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Syinsi EuroTile.

高さ1Uの小型Euroラックモジュールの回路図が公開されています。 http://syinsi.com/Shop/tiles/ 各モジュールのページ記述に、「Build page.」とあれば回路もあるようです。 小型にするために奇をてらわない回路を最小限使っていて、十分な性能が出ると思います。 VCAだけちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2018

今年も参加できました。 ■公式ガイドブック http://analog-synth.jp/asbs/asbslog/asbs18/ ■公生32+さん: Frequency Shifterの製作 ■yamaさん: EuroRack版の山下モジュラーシンセと、新モジュールFrequency Shifterを中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AD/AR Envelope Generator Using 555.

昔、CMOSシンセのために作ったEG回路を、Rail-to-Rail オペアンプで作りなおしました。 昔の回路: http://www5b.biglobe.ne.jp/%7Ehoushu/synth/Eg0301d.GIF 新しい回路: 555にトリガをかけるために、ゲートは十分に立ち上がりが鋭い必要があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Variable Response Current Source for OTA, Pt.2.

両電源動作させるOTA向けの応答曲線可変電流源で、少し仕様を変えて設計しました。 元の回路はこちら: http://houshu.at.webry.info/201805/article_2.html 何が違うかというと、電流の最大値です。 LM13700ではトランスコンダクタンスを決めるIabcを500uA以上にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oberheim SEM (Synth Expander Module)

昔、解説を書きかけて、放っておいてしまっていました。コメントだけですが、公開してしまいます。 http://www.synthfool.com/docs/Oberheim/Oberheim_SEM1A/SEM_1A_Schematics.pdf ■EG Q19とQ20はフリップフロップを形成している。EGの出力はQ20に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VCLFO and Modulation Control VCA

モジュレーションのために、±5Vで動くLFOとVCAを設計しました。±5Vなのは、DC-DCコンバータを持っているからです。 回路図: LFOは、基本的に三角波を発生します。特別な回路ではないです。CMOSのRail-to-Railオペアンプで、電源電圧いっぱいに振って、電源電圧を基準電圧に使うことで、簡単な回路で三角波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARP4075-Style VCF Operated by Single Supply.

ARP4075、4072型のVCFを単電源で動作するように考えました。(作ってはいません。) 回路図: 入力のレベルシフトとリミッタはかなり強引です。レベルシフトは不要ですが、リミッタは必要なので、付けました。 指数変換回路もLM3900を使いました。これはSergeのVCOからとってきました。 http://h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg35-Style VCF with Photo Coupler IC.

Korg35のVCFはトランジスタを可変抵抗にするためCV漏れなど面倒がありますが、これをフォトカプラで作れば、作りやすいのではないかと考えました。Andrewさんが、Transistor Ladder Filterをフォトカプラで作っているのを見て思いつきました。いつものように作っていません。 4個一緒に入ったICを使うといろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Polivoks VCF

ソビエト製の有名なシンセのVCFについて説明します。 回路図はあちこちにあります。 本物の回路はRuskeysにあります。 http://www.ruskeys.net/ まずVCF回路をシミュレーションしました。LM4250のモデルはネットで見つけました。 回路図: 一見、非常に簡単で驚きますが、基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolls RPQ160 Parametric Equalizer Pt.2

Rollsのパラメトリックイコライザで、うまくシミュレーションできないと報告しましたが、記載通りの回路でそれなりの特性になりました。 前回の報告: http://houshu.at.webry.info/201803/article_2.html ゲイン設定用の抵抗が100kΩでなくて、10kΩだろうと推測したのですが、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rolls RPQ160 Parametric Equalizer

機能は普通のパラメトリックイコライザなのですが、回路はとても珍しいです。私はこの製品でしか見たことがないです。 製品マニュアルに回路図もついています。 http://www.rolls.com/pdf/M_RPQ160.pdf パラメトリックイコライザなのですが、回路はグラフィックイコライザに似ています。Bridged-T…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2017

今年も参加しました。今回は19件ものブースがあり、盛沢山でした。 ■公式などガイドブック: http://analog-synth.jp/files/asbs17_guidebook_w0.pdf 当日夕方にはすでに一部の写真がまとめられていました。ありがたいです。 https://twitter.com/i/m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Exponential/Linear Current Sources for LM13700 VCA

LM13700を使ったVCAのCVに対する応答曲線が変えられるのに気をよくして、指数特性と直線の電流源を設計しました。 工夫したのは、ほぼ同じような回路にしたことです。定数を変えるだけで、指数にも直線にもできます。 ■指数特性電流源 回路図: VCFに使ったことのある回路です。 VCFの回路:http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Single-Supply VCO Pt.2.

単電源電池動作VCOを少し作りやすくしました。 前回の回路図はこちら。 http://houshu.at.webry.info/201410/article_1.html 新しい回路: 発振回路本体をRolandなどで使っているリセット型にしました。全体の電圧をちょっと持ち上げても振幅をとるために、5V基準電源と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sallen-Key 4th order BPF.

オペアンプ1個で4次のバンドパスフィルタ(BPF)を作れるという論文を見つけたのでシミュレーションしてみました。 論文: Hans Gaunholt, "The design of a 4’th order Bandpass Butterworth filter with one operational amplifier."…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fourth-Order APF with Variable Phase Slope.

2次APFでQが変えられるなら、さらに高次ならどうなるのか試してみました。 回路図: VR(可変抵抗)が1個で、連続的に位相変化スロープ曲線を変えられます。ちょっとした定数の変更で、変わり方が変えられることが分かりました。同じような、というか一か所の抵抗値だけ違う回路を3つ並べてあります。 基本的に、偶数段の出力を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VC State Variable Filter Using NE570.

NE570を使って、State VariableのVCFも設計してみました。 State Variable Filterのほうが直流結合が前提なので難しいと思ったのですがなんとかなりそうです。 回路図: 全部交流結合です。積分器の直流負帰還を十分に低い周波数にしています。零が重ならないようにキャパシタの値をずらしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VCLPF Using NE570

NE570を使った4次のVCFも設計してみました。 簡単かと思ったのですが、意外と不安定になってしまいました。 回路図: 周波数特性: 100Hz以上の特性は問題ないと思います。カットオフ周波数が高いとトラッキングが良くないですが、オペアンプの周波数特性が良くないのでしょうがないと思います。 問題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

APF Using NE570.

Compander用のIC、NE570(本当はNE571)を20個くらいもっているので、何か使えないかとPhaser用のAPFを設計してみました。(昔、「ロッキンf(雑誌)」や「エフェクタ―自作&操作術(ムック本)」に載った、ボコーダを作ろうと買ったのですが、、。) NE570は、直流結合にするのは半固定抵抗がたくさん必要になり大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OTA-Based APF with Voltage Controlled Q.

Qを可変できるAPFを、さらに、電圧制御でQを可変できるようにしました。 回路図: 周波数特性: 正帰還で最高のQを決めて、OTAを使ったVCAで負帰還をかけてQを落としています。VCAの利得が大きいとQが低く、小さいとQが大きくなります。VCAは指数的に制御するのが使い易そうです。 このシリーズ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

OTA-Based APF with Variable Q, Pt.2.

Qを変えられるAPFの基本回路を変えて設計しました。三菱のM5222LというOTAをたくさん持っているのでこれを使うためです。(作るかどうかは別ですが、、) 回路図: 周波数特性: Qを下げるために、2つのAPFの中心周波数をずらす方法も使ってみました。フィードバックの符号を変える必要が無くなり回路が簡単になる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Phaser Using Variable-Q APFs.

Qを可変できるAPFで、Phaserの特性がどうなるかシミュレーションしてみました。中心周波数は変えないで、Qだけを変えました。 回路図: 周波数特性: 中心周波数を中心にして、Qに応じてノッチの間隔が伸び縮みします。Final Phaseの独特な音は主にノッチ間隔の狭さに由来するのだと思います。Qを上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Variable-Q All-Pass Filter. (ADA Final Phase Pt.4)

ADAのFinal Phaseの可変APFがQを高めるための回路であることが分かりました。この原理を使うと可変QのAPFができます。 Final Phaseは再生産されていて、いろいろ説明もあります。Q=1なのだそうです。単純な直列接続ではQ=0.5なのでかなり高いです。 http://www.electroharmonix.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mixer with Phase Shift.

Domeフィルタ設計のついでに、位相関係を複雑にしたミキサーをシミュレーションしてみました。 昔、冨田勲さんのインタビュー記事で、ストリングスの音を作るためにRoland System 100Mを多数並べた壁があったのですが、ほぼ同じセッティングにしているのに、VCFを共通にはできないという話がありました。 周波数特性のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dome Filter Based on Bridged-T Network

Bridged-Tフィルタを使ったAPFのQが低く、位相変化が直線的になることが分かったので、Domeフィルタを設計してみました。 Bridged-Tフィルタを使ったAPF: http://houshu.at.webry.info/201701/article_8.html Domeフィルタについては、以前設計例を紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rebis RA204 Parametric Equalizer

Rebis RA204は、Sontecを改良した有名なイコライザです。 http://www.retrosynth.com/docs/ra204/index.html イコライザとして使うために、可変のBPFの後に、2つの経路が加算されているので、 それも含めてのシミュレーションです。 回路図: 周波数特性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 6.

Wavemultiplierを電池動作するように設計しました。信号振幅は5Vです。 回路図: 入力信号は交流結合ですが、CVなどを足して直流結合できるように一段目にアンプをつけました。 電源中点は、各段で電源から対称に作るようにしました。もちろんBias回路を設けたほうがいいです。折れ曲がる電圧を決める基準電源も電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 5.

Ken Stoneさんの回路に触発されて、よりたくさん折れ曲がるように考えました。 回路図: 波形: 1段あたりでは、Ken StoneさんのサイトにあるRockheart Wavefolderというのと同じようなカーブが得られます。 各段で約3倍の利得があり、周波数が3倍の成分が発生します。入力の振幅で何倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 4.

Wave Multiplierが楽しいので、波形を歪めて倍音を作りだす回路を本気で考えました。 アナログコンピュータの折れ線近似回路を参考にしました。 ほぼ同じ抵抗値を使えば、きれいな正弦波的な関数ができることが分かりました。 回路図 シミュレータでできた波形 回路は、露骨にダイオードによる折れ線近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 3.

オペアンプを減らす構成も設計しました。 このYusynthの回路ととても似ています。以前見たものが記憶に残っていたのかもしれません。 http://www.yusynth.net/Modular/EN/WAVEFOLDER/index.html きれいな正弦波風の曲線になるように定数を試行錯誤しました。シミュレーションでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wavemultiplier Part 2.

Wave Multiplierの最終段で利得を得るようにして、出力用のアンプを別途設ける必要が無いようにしました。 CGSのWave Multiplier http://www.elby-designs.com/webtek/cgs/cgs29/cgs29_wave_multiplier.html 回路図 波形図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Second-Order All-Pass Filters. (Final Phase Pt. 3)

Phaserに使われるAll-Pass Filterは普通1次フィルタですが、2次のものを集めてシミュレーションしてみました。 2次APFの利点はオペアンプが少なくて済むので、ノイズが少ない可能性が高いことです。 欠点は、ちょっとした素子誤差で周波数特性が変わってしまうので、期待通りの特性にならないかもしれないことです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2016

今年も参加しました。すでに当日のパンフが公開されています。 http://analog-synth.jp/files/asbs16_guidebook_w0.pdf 今年も写真だけですが、紹介します。 公生32+さん centrevillageさん hakuさん g200kgさん g200k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Filter Bank Using Graphic Equalizer IC Pt.4

GEQ(グラフィックイコライザ)用のICを使ったフィルタバンク風のモジュールを作りなおしました。 基板上の空中配線がもげてしまってほったらかしていたのですが、空中配線を基板上でなく、パネルに持ってくれば、もげにくいだろうと考えました。 元の回路と見た目はこちら。 http://houshu.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more