Sine Wave Oscellator with Distortion Cancellation

すごい正弦波発振器回路を見つけました。簡単な回路ですが、きれいな正弦波が出ます。

Distortion Cancellation by Carl Knox
https://www.circuitlab.com/circuit/rxa5sc/distortion-cancellation/

基本はAPFを使った位相回路による発振器です。歪をキャンセルできると謳っているのですが、そんなにうまくいくのかとシミュレーションしてみて、感動しました。

元ネタほぼそのままの回路です。振幅を大きくしようとダイオードをLEDにしました。





途中の波形もかなりきれいですが、加減算して歪をキャンセルすると、さらにきれいで歪が少ないことがわかります。

一か所だけ定数を変えて、定数変えて途中で無理やり歪ませてみました。R8を5倍に大きくしただけです。





R8を小さくしたことで、正弦波がクリップしてOut1は台形になっています。それを移相した波形も正弦波とはいいがたいです。これでも加減算したOutfinでは、振幅は先ほどより少し大きいですが、かなりきれいな正弦波になっています。

普通の歪の少ない正弦波発振器回路は、発振の振幅が安定するまで時間がかかるのですが、この回路は、途中の歪がキャンセルされるので、立ち上がりをかなり早くすることができます。

私のシミュレーションでは、前者の低歪回路でも1周期くらいでほぼ安定、後者ではいつ安定化したのかわからないくらいでした。

おわり

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック