OTA-Based APF with Voltage Controlled Q.

Qを可変できるAPFを、さらに、電圧制御でQを可変できるようにしました。

回路図:
画像


周波数特性:
画像



正帰還で最高のQを決めて、OTAを使ったVCAで負帰還をかけてQを落としています。VCAの利得が大きいとQが低く、小さいとQが大きくなります。VCAは指数的に制御するのが使い易そうです。


このシリーズおわり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック