Gate Sequencers Based on 8-Step Blocks Pt. 2.

CD4017を使った、多ステップゲートシーケンサの回路が少し簡略化できることがわかりました。

元の回路と説明:
http://houshu.at.webry.info/201205/article_2.html

ダイオードの寄生容量も大事なようで、タイミングはぎりぎりだと思いますが、綺麗な回路になりました。

ほとんど同じ回路を繰り返せばいいので、作りやすそうです。

画像



画像



どちらも同じように24ステップのゲートが出ます。キャリーを切ると並列にも動きます。

おわり

この記事へのコメント

Ultrakick
2012年07月02日 23:03
ブレットボードで試してみました。リセットに向うD5を手持ちでゲルマニウムダイオードに変更し、R9を2M2にしたら正常に動作しました。
さらにクロックをシャッフルする機能も考えてみたのですが、少し大げさな気がするので、良いアイデアがありましたらご教授願います。
http://suicreation.jp/kick/120
houshu
2012年07月05日 00:15
実際にテストしていただきまして感謝です。R9の値も大事そうですね。ちょっと再現性に問題がありそうですが、動くようで安心しました。

クロックのシャッフルですが、ずれるほうのパルスを1発目のパルスからワンショットで遅らせて作るのはどうでしょう?シャッフルの「タンタ」だけでなく「タタン」もできそうです。
問題は使い勝手でしょうか。
Ultrakick
2012年07月06日 03:43
予想以上に4081のアイソレーションが良くないらしくロジック系はあまり繊細に作られた無いのでしょうね。クロックデバイダーを通してAND GATE使うのも良さそうですが、アナログシーケンサーはきりがないですね。マイコン弄る技術があれば良いのですが、文系の脳みその限界です。

この記事へのトラックバック