テーマ:読み物

群馬大,小林春夫先生他の電子回路講義資料

群馬大,小林春夫先生他の電子回路講義資料がとても充実しています。 非常勤の先生も中谷隆之先生、源代裕治先生ほかとても実践的な方のようです。 https://kobaweb.ei.st.gunma-u.ac.jp/lecture/lecture.html https://kobaweb.ei.st.gunma-u.ac.jp/l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2018

今年も参加できました。 ■公式ガイドブック http://analog-synth.jp/asbs/asbslog/asbs18/ ■公生32+さん: Frequency Shifterの製作 ■yamaさん: EuroRack版の山下モジュラーシンセと、新モジュールFrequency Shifterを中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2017

今年も参加しました。今回は19件ものブースがあり、盛沢山でした。 ■公式などガイドブック: http://analog-synth.jp/files/asbs17_guidebook_w0.pdf 当日夕方にはすでに一部の写真がまとめられていました。ありがたいです。 https://twitter.com/i/m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mixer with Phase Shift.

Domeフィルタ設計のついでに、位相関係を複雑にしたミキサーをシミュレーションしてみました。 昔、冨田勲さんのインタビュー記事で、ストリングスの音を作るためにRoland System 100Mを多数並べた壁があったのですが、ほぼ同じセッティングにしているのに、VCFを共通にはできないという話がありました。 周波数特性のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2016

今年も参加しました。すでに当日のパンフが公開されています。 http://analog-synth.jp/files/asbs16_guidebook_w0.pdf 今年も写真だけですが、紹介します。 公生32+さん centrevillageさん hakuさん g200kgさん g200k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Synth & Studio Docs Archive

シンセ関係の回路がまとまっています。 http://sonic.net/mjones/archive/docs/ どこかで見たようなのが多いですが、まとまっているのがありがたいです。 ARP関連の回路や書籍がたくさんあります。 PAiA関連も充実しています。Joistickはアイデアが面白いです。 Polyoh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター・エフェクター実用バイブル デイヴ・ハンター

偶然本屋さんで見つけました。ずいぶん前に出版されていた本でした。 ブティックエフェクタについてかなり詳しく紹介しています。これだけたくさん日本語で紹介してくれているのは貴重だと思います。(雑誌に、製品紹介と一緒に記事があることはありますが、まとまってはいないですよね) ギター・エフェクター実用バイブル CD付 自分らしいサウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門

大事な本を紹介していませんでした。(ゴメンナサイ) Analog 2.0、SX-150の設計者であるGanさん著で、和書では現在最高のシンセ自作情報の一つです。 会話形式でアナログシンセや回路について学んでいきます。 私が特に気に入っているのは指数変換回路の説明です。とっつきにくい回路なのですが端折らない説明があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Minimizing Distortion in OTA.

IEEE論文のフォーマットで、OTAの歪低減について議論しています。 Minimizing Distortion in Operational Transconductance Amplifiers http://www.openmusiclabs.com/files/otadist.pdf 徹底的かつ定量的ですごいです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2015

今年も無事参加できました。 http://analog-synth.jp/cms/ 写真並べただけですが、報告です。 特別展示: 「初歩のラジオ」連載のシンセ. 箱は当時のものではないそうです. 特別展示: キーボード天板外したところ. yama(山下)さん: アームテルミン. yama(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説のハンドメイドアナログシンセサイザー: 1970年代の自作機が蘇る

ついに、伝説の連載記事が書籍になりました。 私も少しですがお手伝いしました。安い本ではありませんが、価格分以上の価値があると思います。 ■古い記事もそのままあるので、懐かしく読める。 昔の部品がそのままなので、当時の記事を知っている人には、部品型番など、懐かしい気持ちになれます。 新しい読者には、当時の盛り上がりが分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thermal Compensation of Exponential Converters

指数変換、アンチログ回路の温度補償について、とっても詳しい解説が公開されています。 Thermal Compensation of Analog Exponential Converters http://www.openmusiclabs.com/2015/03/temperature-compensation-of-anal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2014

今年も参加しました。 http://analog-synth.jp/summit14/j_index.html ブース写真だけですが、一通り紹介します。メイン展示のものがちゃんと映っていなかったりしますがご容赦を。 小野さん 小野さん(エビスさん) yamaさん yamaさん 公生32+さん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Analog Synth Builders' Summit 2013

毎年恒例のイベント アナログシンセビルダーズサミットに、今年は私も出展者として参加しました。 とりあえず、とった写真を掲載します。 Team Piyoさん オルムさん Chuckさん1 Chuckさん2 小野さん1 LXR DrumSynth 小野さん2(作ったのは恵比寿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A Usage of Breadboard-Style Perfboard

秋月電子のブレッドボード風基板の使い方を紹介します。私の場合、同じ回路を二度作ることはほとんどなく、ブレッドボードでのテストが最終的な製作物となり、かつ将来もこわれにくいと、とてもありがたいのです。手順として完成されたわけではないですが、思い通りに近い出来になったので紹介します。 (0)部品を用意する。 基板: 当然、秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 10

今回はコーラス特集です。やはり濃いです。 Boss、TC Electronic、アリオン、MXRのエンジニアや創業者のインタビューがいいです。 技術的な比較で面白い試みをしています。何かのソフトで分析したピッチの揺れを図示しています。一部の機種では音量の揺れもあります。図の見方がわかると、各機種の個性がわかるのは素晴らしいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SYNFO.NL Service Manuals and Schematics

たくさんのサービスマニュアルや回路図があつめられています。特にローランド関係が充実しています。 リンクなどはミスがたくさんあります。 http://www.synfo.nl/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pro Audio Design Forum

直前に紹介した掲示板は電子楽器ではないのですが面白いスレッドがいろいろあります。 http://www.proaudiodesignforum.com/forum/php/viewforum.php?f=1 この掲示板の管理者は、MSマイクのPCBなどを売っているようです。 ちょっとICが特殊なのでアマチュア向きではないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 8

今号はModulation Pedal(揺れモノ)特集で、初心者向けからとてもマニアックな話までとても楽しめました。 レスリー、フェイザー、フランジャー、コーラスについて図を多用して詳しく説明しています。ちょっと図や文字が小さいですが、説明が詳しいので我慢します。細かい誤りも許容範囲です。 これまで意味の無い周波数特性が掲載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作

とても良い初心者向けの本がでました。(表紙や出版社の紹介ページなどとても怪しいと思っていたのですが、、) ■気になるところ 先につっこんでおきます。 ○全体に ・ツマミの名称を独自につけるのはいいけど、普通の名称も併記してほしい。Distortionの歪み量を決めるツマミを必ず「Kaminari」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Synthschool.com

シンセ講座のサイトです。Youtubeのチュートリアルがとてもわかりやすいので紹介します。英語がわからなくても、少しシンセの知識があれば理解できるのではないかなあと思います。 http://www.youtube.com/user/SynthSchool 以下参考。こちらは英語がわからないと骨が折れます。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rane "Operator Adjustable Equalizers: An Overview"

前回のバンドパスフィルタhttp://houshu.at.webry.info/201002/article_3.htmlとほぼ同じ回路があった記事を紹介します。 RaneNote 122, "Operator Adjustable Equalizers: An Overview" http://www.rane.com/not…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アナログ回路技術者への道」

初心者向けの連載記事です。 回路設計まではまだまだですが、これからに期待して、ご紹介します。 http://journal.mycom.co.jp/series/analog_circuit/menu.html おわり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Waveform Processing Circuits by Dennis Feucht

アナログ回路の教科書から、ファンクションジェネレータや波形整形に関する一部が抜粋されています。 Book Excerpt: Analog Circuit Design Series--Waveform Processing Circuits http://www.analog-europe.com/howto/analog_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 5

新刊が出ました。今回はサイケデリックエフェクト特集ということで、私にとってはとても楽しめる一冊です。 Univibeを設計したKorg三枝氏へのインタビューが特に良いです。先例が無いゆえの自由度を楽しんだ設計をしていたようです。 Univibe系エフェクタのスペクトル変化の図はちょっと怪しげですが、秘密が分かったようでうれし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Synth Paper Crafts

私でも簡単にできました。型紙は以下のサイトからのリンク先で入手できます。 http://matrixsynth.blogspot.com/2009/06/papercraft-minimoog.html http://matrixsynth.blogspot.com/2008/07/korg-ms20-papercraft.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土日で作るオリジナル・エフェクター PART 2

電子回路というよりは、電気回路が多いです。 電子回路マニアな私には物足りないのですが、初心者には悪くない本だと思います。 電源がなければ配線ミスしても危険は少ないし、実態配線図がついているので配線ミスも少ないだろうと思います。 パーツの指定が多いのですが、なんでも自己責任でやってみなよ、という雰囲気もあり、理論や知識の少ない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more