テーマ:モジュレーション系

Wide Range Dome Filters Pt. 2.

LFOの領域まで扱えるDome Filter(位相差を90度にするフィルタ)を設計しなおしました。 と言っても、元のBridged-Tフィルタを使った回路で、キャパシタと抵抗を入れ替えただけです。 元の回路: https://houshu.at.webry.info/201905/article_1.html こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wide Range Dome Filters.

とある人から要望を受けて、とても広帯域なDomeフィルタを設計しました。 Domeフィルタは、位相が90度異なる信号を作り出すフィルタです。普通は1次のAPFを縦列接続してつくるのですが、2次のAPFを使うと少ない段数(=アンプ数)でかなり広帯域をカバーすることができます。 1次のAPF縦続接続6段で作った例: http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OTA-based APF with voltage controlled Q, Pt. 2.

Qも電圧できるように設計してみました。 これとこれを組み合わせただけです。 https://houshu.at.webry.info/201702/article_3.html https://houshu.at.webry.info/201702/article_4.html 2次の回路図: 2次の周波数…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Fourth-Order APF with Variable Phase Slope.

2次APFでQが変えられるなら、さらに高次ならどうなるのか試してみました。 回路図: VR(可変抵抗)が1個で、連続的に位相変化スロープ曲線を変えられます。ちょっとした定数の変更で、変わり方が変えられることが分かりました。同じような、というか一か所の抵抗値だけ違う回路を3つ並べてあります。 基本的に、偶数段の出力を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

APF Using NE570.

Compander用のIC、NE570(本当はNE571)を20個くらいもっているので、何か使えないかとPhaser用のAPFを設計してみました。(昔、「ロッキンf(雑誌)」や「エフェクタ―自作&操作術(ムック本)」に載った、ボコーダを作ろうと買ったのですが、、。) NE570は、直流結合にするのは半固定抵抗がたくさん必要になり大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OTA-Based APF with Voltage Controlled Q.

Qを可変できるAPFを、さらに、電圧制御でQを可変できるようにしました。 回路図: 周波数特性: 正帰還で最高のQを決めて、OTAを使ったVCAで負帰還をかけてQを落としています。VCAの利得が大きいとQが低く、小さいとQが大きくなります。VCAは指数的に制御するのが使い易そうです。 このシリーズ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

OTA-Based APF with Variable Q, Pt.2.

Qを変えられるAPFの基本回路を変えて設計しました。三菱のM5222LというOTAをたくさん持っているのでこれを使うためです。(作るかどうかは別ですが、、) 回路図: 周波数特性: Qを下げるために、2つのAPFの中心周波数をずらす方法も使ってみました。フィードバックの符号を変える必要が無くなり回路が簡単になる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

OTA-Based APF with Variable Q.

2次APFのQを変える方法が分かったので、これをOTAを使ったAPFに適用してみました。 基本は、Electro HarmonicsのSmall Stoneなどで使われている回路です。 たぶん発明者は、David Rossum氏です。 Circuit for dynamic control of phase shift: Un…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Phaser Using Variable-Q APFs.

Qを可変できるAPFで、Phaserの特性がどうなるかシミュレーションしてみました。中心周波数は変えないで、Qだけを変えました。 回路図: 周波数特性: 中心周波数を中心にして、Qに応じてノッチの間隔が伸び縮みします。Final Phaseの独特な音は主にノッチ間隔の狭さに由来するのだと思います。Qを上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Variable-Q All-Pass Filter. (ADA Final Phase Pt.4)

ADAのFinal Phaseの可変APFがQを高めるための回路であることが分かりました。この原理を使うと可変QのAPFができます。 Final Phaseは再生産されていて、いろいろ説明もあります。Q=1なのだそうです。単純な直列接続ではQ=0.5なのでかなり高いです。 http://www.electroharmonix.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Second-Order All-Pass Filters Pt. 2.

2次APFの回路をいろいろシミュレーションしてみました。 前回の回路: http://houshu.at.webry.info/201612/article_1.html ■Twin-Tフィルタを使ったAPF 比較のため、普通のAPFも[a][e]として並べておきます。 回路図: フィルタ内の抵抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pearl PH-44 Phaser

Zvexさんも絶賛する伝説のPhaserです。 http://www.harmonycentral.com/forum/forum/guitar/acapella-29/1801691- とても独特な回路です。(この当時のPearlの回路はどれも独特です。) 回路図はこちらにあります。 http://www.free…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Second-Order All-Pass Filters. (Final Phase Pt. 3)

Phaserに使われるAll-Pass Filterは普通1次フィルタですが、2次のものを集めてシミュレーションしてみました。 2次APFの利点はオペアンプが少なくて済むので、ノイズが少ない可能性が高いことです。 欠点は、ちょっとした素子誤差で周波数特性が変わってしまうので、期待通りの特性にならないかもしれないことです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Variations of All-Pass Filters Using OTA

LM13600(NJM13600)やCA3080(LM3080)などのOTAを使ったAll-Pass Filter(APF)の回路をまとめてみました。 APFは、Phase Shifter、移相回路とも呼ばれます。周波数によって位相だけ回転して、振幅特性は平坦なフィルタです。固定のフィルタとしては、音の変化がとても少ないのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ringmodulator Using XR2206.

正弦波を発生できるVCOのICであるXR2206でリングモジュレータのエフェクタを設計してみました。 正弦波発振回路と乗算器があるので、出来て当たり前です。 超簡単な回路で済みます。 回路図: ギターなどを入力できるようにアンプをつけました。この入力信号がない場合にただの発振器になるように、バイアス回路をつけまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Univibe Phaser Transfer Function Analysis

伝説のPhaser、ユニバイブ(Uni-Vibe)の秘密を一庵堂さんが分析しています。個人の憶測とのことですが、とても納得できる分析結果です。 http://www.k4.dion.ne.jp/~ichian/analog/phaser/univibe.htm http://www.k4.dion.ne.jp/~ichian/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Steiner Phase Shifter

Steiner氏設計のPhaserです。 http://electro-music.com/wiki/pmwiki.php?n=Schematics.PhaseShifter http://analoguerealities.com/projects/phase-shifter/ [リンク切れしていたので、回路のあるサイトに変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EMS HiFli

伝説の複合エフェクタユニットです。回路図は読めないところもありますが、すごい回路であることはわかります。テスト方法など説明もたくさんあります。 http://jbemond.free.fr/SDIY/EMS/ ギター用に、アンプ、ファズ(ディストーション)、オクターバ、リングモジュレータ、フェイズフィルタ(フェイザー)が組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dome Filter in JH FS-1a

故Juegen Haible氏が設計製作したFrequency Shifter FS-1aのDome Filterをシミュレーションして特性を確認してみました。 <参考> JH. FS-1A Frequency Shifter   http://www.jhaible.de/fs1a/fs1a.html ●回路図 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dome Filter Based on Twin-T Network

移相回路について勉強していて、Twin-Tフィルタを使ったものを知りました。シミュレーションしてみたところ、位相特性はかなり直線的で、多少のリップルはあるものの、Dome Filterが作れそうな気がしてきたので、2段でどこまで行くかを試行錯誤してみました。 ■回路 Dome Filterというのは、広い周波数に渡って位相差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sinusoidal LFOs (Boss VB-2 and Ibanez PH99)

Bossのビブラート VB-2やIbanezのフェイザーPH-99に使われている、正弦波を発生するLFOを紹介します。 簡単な回路ですが、結構綺麗な正弦波が出ます。 ■Boss Vibrato VB-2 ●回路図 Sinusoidal LFO in Boss VB-2 Vibrato. Bridged-Tと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ibanez PH-99 Classic Phase

Ibanez PH-99 Classic Phaseの回路が面白いです。コピーでないオリジナルの部分が多い凝った回路です。 http://www.dirk-hendrik.com/techstuff.html なぜかノイズリダクションのコンパンダがついています。APF(オールパスフィルタ)はSN的に有利なCdSであるにもかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Phaser Based on LM3900s

ノートンアンプLM3900でPhaserを設計しました。設計したのはずいぶん昔で、APF部分の簡単なテストをしただけですが、公開してしまいます。 ■APFの原理 まずAPF(All Pass Filter: 移相回路)の原理を説明する図です。ここでは簡単のため、制御のための電流Icは定電流源から供給されることにして、インピー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 10

今回はコーラス特集です。やはり濃いです。 Boss、TC Electronic、アリオン、MXRのエンジニアや創業者のインタビューがいいです。 技術的な比較で面白い試みをしています。何かのソフトで分析したピッチの揺れを図示しています。一部の機種では音量の揺れもあります。図の見方がわかると、各機種の個性がわかるのは素晴らしいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Frequency Response of Small Stone Phaser

先日Small Stoneについて書いたばかりですが、Bioroidsのサイトに周波数特性の測定結果が出てました。   http://dedalofx.com/bioroids/experiments/e03_smallstone.php 私の疑問には答えてませんが、楽しい実験結果です。 周波数特性の3次元表示が面白いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THD of APF Stages with Various FET Drivers

私のサイトで、フェイザー用APF回路のFETの使い方を紹介してあったのですが、Bioroidさんが、歪みの測定結果を公開してくれました。 ○測定結果:   http://dedalofx.com/bioroids/experiments/e04_phaserdistortion.php ○回路:   http://www…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Mystery of Small Stone (Electro Harmonix, Phaser)

とても人気のあるPhaserです。製作記事などいろいろあるので回路については説明しませんが、不思議に思っていることについて書きます。 初期とその後で、随分と回路が違います。 75年: http://www.fortunecity.com/tinpan/humperdinck/223/smallstone.jpg 78年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ADA Final Phase Pt. 2

固定APF部について図を描きました。オペアンプ1個で2次のAPFを構成しています。 さらに回路を変形して、マッチングのとれたCdSフォトカプラ(Vactrol)を使って可変APFにする方法を考えてみました。(Fig. 3) Qが高めなのですがオペアンプ1個なのは魅力的です。CdSのマッチングを取るのが大変そうですが。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ADA Final Phase Pt. 1

高級フェイザーとして有名なADAのFinal Phaseの回路を紹介します。 マニュアルなど(回路図は有料です): http://www.adadepot.com/adagear/gearpages/stompboxes/ADA-Final-Phase.htm 回路図: Version 5とあります。 htt…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

All Pass Filter Using SSM2164 (for Phaser)

Quad VCAのSSM2164を使って、フェイザーが作れないかと考えて、APFを考案しました。一応、ブレッドボード上で動作したので回路を公開します。 不便だったのは、SSM2164の出力電圧振幅がとれないことでした。反転増幅器の仮想接地で受けるしか方法がありません。結局、直接APFを作るのはあきらめて、SSM2164を使…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more