Vibrato from "The Stompbox Cookbook" Pt. 1

洋書「The Stompbox Cookbook」 by Nicholas Boscorelli からビブラート。ちょっと珍しい回路だけど、OTAを使ってAPF(オールパスフィルタ:全部の周波数を通すけど位相だけ変えるフィルタ)を制御する方法が分かり易いので紹介します。 書籍は絶版なのですが、記事は、ビブラートの回路「Vibrat…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VCLFO with 2 waveshapes using LM13700

波形切替LFO r0r0さんのご要望にお答えして、2つの波形が切り替えられるように考えてみました。 ・波形を切り替えると周期も少し変わりますが、2倍は変わらないと思います。 ・2Pのスイッチで切り替えられることが自慢です。 ・SW1がONの時にはフィードバック経路が2つになり、ギタマガ10月号トレモロのLFOと等価にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Triangular VCLFO using LM13700

三角波LFO(LM13700を使ったVCO) アイデアだけですがご紹介。正帰還のコンデンサ(C5)と積分のコンデンサ(C9)を分離したのがミソです。 広帯域高精度VCOもできるかと思ったのですが、発振周波数によって微妙に振幅が違いそうなので、高精度というのは難しそうです。振幅を決めるダイオードに流れる電流が、C5を通じて供…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

LFO from Guitar Magazine's Tremolo

LFOの動作(ギタマガのトレモロ) ■まず図面の説明から。  ・Fig. 1は、LFO部分の回路図    バッファは簡略化、電源はBIASが基準になるようにシフトしてある。  ・Fig. 2は、OTA入力の波形    図の下のほうにある<A>, <B>, <C>, <D>というのが各状態を表す。  ・Fig. 3~…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Tremolo (Guitar Magazine Oct. 2005)

トレモロ回路図(ギタマガ2005年10月号) 一応もっともらしい回路が描けたと思うので公開します。13600のピン配置を覚えていなかったので推測しながらトレースしました。間違いがあればご指摘ください。 LFOがとても面白い回路です。そのうち解説します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ibanez (Maxon) UE400 のPhaser

第1回は、UE400のフェイザー回路。AronさんのForumでの、Mark Hammerさんの投稿から。 昔、少し流行ったアナログマルチエフェクタの一部らしいです。 いろいろな試みをしている回路なので、解説してみます。 (某ソーシャルネットワークの日記からの転載) 回路図:   http://img.photobuck…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

はじめに

私の趣味はアナログ電子楽器の回路図を鑑賞することです。 以前は、自分でも作っていましたが、今は「自作が趣味」とはとても言えない状態です。   http://www5b.biglobe.ne.jp/~houshu/synth/index.html でも、今でも、ほとんど毎日ネットを巡回して、回路図収集などをしています。某…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more