土日で作るオリジナル・エフェクター PART 2

電子回路というよりは、電気回路が多いです。 電子回路マニアな私には物足りないのですが、初心者には悪くない本だと思います。 電源がなければ配線ミスしても危険は少ないし、実態配線図がついているので配線ミスも少ないだろうと思います。 パーツの指定が多いのですが、なんでも自己責任でやってみなよ、という雰囲気もあり、理論や知識の少ない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Syntovox Vocoder 222 Schematics

Syntovox 222は、オランダのメーカーSyntonの10バンドボコーダです。 写真やデモ音、回路図はこちらにあります。台数も少なく、とても珍しいようです。 http://dutchsynth.nl/Syntovox222.html 回路図はちょっと見難いですが、とても普通の回路で、わかりやすいと思います。 「19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 3

前号がついこないだ出たと思ったのですが、もう新刊です。 今回はディレイ特集です。 ディレイの機種がたくさんならんでいるのですが、これまでのような解析(周波数特性など)がほとんどないのがちょっとさびしいです。その分、セッティングや使いこなしなどの紹介が充実しています。 エンジニアとしては、インパルス応答でも測定すれば、遅延時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木寛先生の音楽教育サイト

「だれでもわかるシンセサイザー入門」他、電子楽器やコンピューター音楽についての著書が多数ある鈴木寛先生のサイトです。ちょっと探し物をしていて偶然見つけました。 http://web.mac.com/kisaragikanichi/Site/Welcome.html 特に「音楽とハイテク」はアナログ電子楽器に限らない話ですが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Simple Noise Generator Using TL431

基準電源用ICであるTL431を使ったノイズジェネレータを考えました。振幅は小さめですが、簡単なプロジェクトには使えると思います。電源電圧5Vで動作し、部品数が極限まで少ないのが自慢です。 基準電圧源から出ているノイズを内蔵のアンプで目一杯増幅しています。とはいえ限界があり、振幅は50mVpp位です。 振幅にはメーカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SX-150 コンテスト入選

コンテストで改造部門で入選しました。うれしいですね。 http://otonanokagaku.net/magazine/sx150/contest.html 写真は賞品のTシャツです。 大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン)学習研究社 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 2

シンコーミュージックのエフェクタームックの第二弾が出ました。 今回の特集はペダルワウです。実物を持っていない私にとっては、周波数特性を載せているところがポイント高いです。もうちょっとちゃんと測定すればもっと滑らかなグラフにできただろうにとは思いますが、このままでも充分楽しめます。 ビルダーのインタビューも前号同様興味深いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Short Demo of Modified SX-150

デモというほどでもないのですが、改造したSX-150の音が公開されていますので紹介します。 学研のコンテストに応募したからです。 http://musictrack.jp/index.php?pid=sx150contest&cat=remodeling&no=3 条件 ・内蔵LFOの方形波で周波数変調しています。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boss DR-55 (Dr.Rythm) Noise Generator

今日は、DR-55(Dr. Rythm ドクターリズム: リズムボックス音源(とデジタルシーケンサ))のノイズ発生器部分の話です。 「SX-150用に、低い電源電圧でノイズが出る簡単な回路ないかな」と考えているうちに思い出しました。 ノイズ発生器の回路図はRJBさんのブログにあります。 http://www.rjblog.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SX-150 New Panel Design

SX-150の回路改造がほぼ終わったので、新しくパネルを作りました。いろいろと穴を開けてしまったのでそれを隠すためでもあります(笑)。 新しいパネルと言っても、インクジェットプリンタで印刷した光沢紙を両面テープで貼っただけです。穴はカッターで切り抜きました。 印刷が弱くて、ちょっと硬いもので触っただけで傷が残ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gakken SX-150 Modifications

「追加の基板はつくらない」というこだわりのもと、学研SX-150を改造してみました。 元からある基板やVR(可変抵抗器)やスイッチ周辺に空中配線だけで実現しています。 自分ではかなり凝ったつもりです。VCAとノイズが無い以外はとても普通のシンセになったと自負しています。 VRが全て10kなのは、手持ち唯一の超小型VRだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

AN299 VCO with Extended Frequency Range

National SemiconductorのアプリケーションノートAN299に出ている「伝説」、というか、謎の多い発振回路をシミュレータ上(LTspice)でなんとか思い通りに動かせましたので紹介します。 この回路についてのtakedaさんほかの実験や議論はこちら http://analog-synth.jp/cgi/dk…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Art of Analog Circuits

こだわりの回路サイトを紹介します。 http://www.ne.jp/asahi/takfuji/circuits/ どの記事もためになるのですが、シンセなどに使えそうな回路をいくつか挙げておきます。 -3dB/Oct Filter (for Pink Noise) (ピンクノイズ用フィルタ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Casio DH100 Digital Horn

デジタルホーン Casio DH100のサービスマニュアルです。Matrixsynthでのコメントによると回路が面白そうだったので検索してみたところ、案の定でした。 http://www.electri-fire.com/casiodh100.htm マニュアルはrarで圧縮されていますが、フリーソフトのLhacaなどで解凍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gakken SX-150 Schematic (Corrected)

今大人気の学研「大人の科学」の付録シンセSX-150の回路図です。学研サイトに公開されている回路図には定数が入っていないので、ネットにある回路図と、基板で読み取れる/測定できる部品定数から分かる定数を記入しました。 一部の部品定数は分かりませんが、改造などには十分だと思います。 こちらにある「ふろくの説明書ダウンロード[PD…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

アナログ電子回路のキホンのキホン

新しい初心者向けの回路学習本です。本当の初心者レベルよりは実用的で、電子楽器のアナログ回路がいじれるようになるにはちょうど良いように見えます。LTspiceが使えるようになれば、それなりの設計までできるようになるのではないかと思います。 回路シミュレータでスッキリわかる!アナログ電子回路のキホンの秀和システム 木村 誠聡 Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book (Vol.1)

新しいエフェクタ本を買いました。こういう本がいろいろ出ると楽しくなりますね。 回路の本ではないのですが、Distortion+の説明用回路図(29ページ)の間違いがとても気になってしまいます。 この間違いを見つけられる人はたくさんいると思うので、、ちょっと残念です。 でも回路の話をまともにしようとしているのは、すごいことだと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Pink Noise Generator Using MOS-FET

昨日に引き続きCyberWorkShopからです。海外の友人のために、一回路ずつ紹介していきます。 今日はピンクノイズ発生器です。MOS FETを使うとこんなに簡単に、綺麗なスペクトルのピンクノイズが得られるそうです。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~kochan/workshop/analog/pi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

-3dB/Oct Filter

CyberWorkShopが復活していました。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~kochan/workshop/welcome.htm 今日は、その中から高精度な-3dB/Octフィルタ (White Noise to Pink Noise Converter) を紹介します。 本当に高精度で、楽器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gakken Synth SX-150 Pitch Quantization

学研 大人の科学 シンセサイザークロニクルを早速入手して遊んでいます。 抵抗板で、安定した音程を出すのが難しいのですが、同僚が、量子化された音程を出すためのいい方法を考えてくれました。 紙に、適当な場所を切り抜いておくだけです。アイデアの写真をつけます。ここでは付箋紙を使いました。 「適当な場所」を探すのが難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Exponential Converter Using 1496

前回の続きです。MC1496(LM1496)のペアトランジスタだけを使うと、指数変換回路ができます。 Rbe(ベースエミッタ間抵抗)が不明なのでどれくらい精度が得られるかわかりませんが、モノリシックのペアトランジスタとしては入手容易なので、悪くない回路ではないかと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VCAs Using 1496

Inspired by the discussion at SDIY-ML. They said that a 4 quadrant multiplier such as 1496 is not suited for VCA. (Of course I agree with them.) However, I found th…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg VC-10 Vocoder

KORGのボコーダーです。かなり解像度の高いサービスマニュアルが公開されています。(46Mbyteもあります) http://www.autodafe.net/SynthManuals/Korg_VC-10%20Vocoder/Korg_VC10_Service_Manual.zip ■全体の特徴 ○とにかく徹底した簡略化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSCar VCF & VCA

今回は、80年代モノシンセ最後の名機ともいえるOxford Synthesizer Company, OSCarです。 OSCarのレヴューはこちらのサイトなどにあります。 http://matrixsynth.blogspot.com/2008/02/original-oscar-uk-review-and-synth.h…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ARP2500 Multimode VCF 1047

ARP2500のマルチモードVCFについて紹介します。回路図はこちら。 http://www.guitarfool.com/ARP2500/1047.html 性能が高いとは言い難い当時の素子をつかって性能を出すために苦労していることがうかがえます。技法をつくしているところま丸で測定器の回路のようにもみえます。 基本的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本家50000アクセス!

しばらく更新していないにも関わらず見に来てくださる皆様(検索エンジンかもしれませんが。笑)に感謝です。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~houshu/synth/index.html
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Electronica EM-26 Vocoder

ソビエト(ロシア)製のボコーダです。写真や回路図はこちら:   http://www.ruskeys.net/eng/base/electr26.php このページの一番下の「Schemes」をクリックするとZIPで圧縮された回路図があります。 ボコーダの本体であるvocsxem1.jpgの独特な2点についてだけ説明し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Serge VCO Using LM3900

70年代のVCOだと思います。ネットにあった手書きの回路図を清書しました。 (この手書きの回路図には、明らかな間違いがありましたし、その後見たことのある本当のsergeVCOと回路図のスタイルが違うので、おそらく、基板からトレースしたものと思われます。読めない定数は「?」マークをつけてあります。) ノートンアンプLM39…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Buchla 191 VCF

BuchlaのVCFにはいろいろありますが、とてもマイナーな191のコア部分です。 Buchla 191 VCF:Mark Verbosさんがsynth-diyメーリングリストで公開してくれました。 http://www.simple-answer.com/191/Buchla-191-lopass-stage.jpg htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Casiologie.de

カシオ製品のマニュアル数百と、サーキットベンディングの情報があります。 http://www.casiologie.de/ SKシリーズやCZシリーズの情報がとても充実しています。 ポータブルキーボードについても、ユーザーマニュアルはほとんどあるようなので、ガラクタが安心して買えそうです。(笑)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Elka Synthex Polyphonic Synthesizer, MultimodeVCF

イタリアのシンセメーカーELKAのポリシンセSynthexの全回路図を見つけました。 ユーザーマニュアル他の情報: http://electro-music.com/forum/topic-3166.html 全回路図(ダウンロードする場合には32Mもあるので覚悟してください。フィルタ部分だけを切り出した回路図を後で貼…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Studiorepair.de (Internal Photos of Music Gear)

今日は、回路ではなく写真のサイトを紹介します。 シンセなど電子楽器の内部写真や、宣伝カタログのスキャンデータがたくさんあります。修理の参考になりそうです。 http://pics.studiorepair.de/ この写真を見るだけでもワクワクしてくるのは可笑しいですかねぇ。(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Electronics for Music, 4600 Series

Electronics for Musicが新しいPCBボードシリーズを出しました。 http://www.ele4music.com/kits.html の4600 Seriesがそれです。 必要な機能を、可能な限りシンプルな回路で実現しています。回路を見る限り危なっかしいところもありません。回路の勉強にはもってこい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

electro-music.com Forum(掲示板)

これまであまり詳しくチェックしていなかったのですが、掲示板がAronさんのForum並みに濃いです。   http://electro-music.com/ DIY関係の掲示板はこちら   http://electro-music.com/forum/forum-112.html 日々の巡回先が増えました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Aelita Monophonic Synthesizer

ソビエト製のモノシンセです。といっても普通のVCOではないです。 http://www.ruskeys.net/eng/base/aelita.php 発振器が独特で、バリキャップを使った高周波VCOが3つあり、それらを分周して楽器としての音程にしています。高周波VCOでモジュレーションがかけられように、かつ、分周で音程をあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

EMS VCS3/Synthi Oscilator (VCO)

VCS3/Synthiは伝説的名盤に使われたことは御存知のとおりです。しかも現行機種というところがさらにすごい。ほとんどがディスクリートで組まれており、回路図も味わい深いです。 主要な回路のいくつかはHintonのサイトに公開されています。(VCFがないのが残念ですね)  http://www.hinton-instrume…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Alisa 1377 Mono Synth

ソビエト製の1VCOモノシンセです。フィルタの回路が珍しいです。 ■機器概要 http://www.ruskeys.net/eng/base/alisa1377.php 下のほうに回路図とマニュアルへのリンクがあります。 ■回路図1: http://www.ruskeys.net/pasp/alisa1377/c/al…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

Museum of Soviet Synthesizers (ruskeys.net)

ソビエト製のシンセの情報が大量にある有名なサイトです。   http://www.ruskeys.net/eng/synths.php マニュアルはロシア語なので私には読めませんが、回路図は私でも大体分かります。 面白い回路がたくさんあるのでそのうち紹介します。(予告のつもりです。笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Simmons SDS800 Electronic Drums

シモンズのエレクトロニックドラムの廉価版です。アナログ音源の中では比較的後期なので、回路が洗練されており、必要な回路機能がわかりやすいです。 ■回路図や使用ICの情報:   http://userwww.sfsu.edu/~gzifcak/sds-800.html 学生さんのサイトなので、将来なくなる可能性が高いです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Hamamatsu CdS Photo Coupler Datasheet

浜松のCdSフォトカプラのデータです。(PS3100の情報を探していて見つけました)  http://www.richardcraven.plus.com/Korg/hamamatsu.pdf  http://www.richardcraven.plus.com/Korg/hamamatsu.txt データがあると便利だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg PS3100 Polyphonic Synth Pt.4

ずいぶん間を空けたので、回路図のリンク先がなくなってしまいました。(すっかり忘れてました。ゴメンナサイ。といっても読む人はあまりいないかな。) ○PS3200のゲート部分(3100と同じ): http://jhaible.heim.at/polykorg/PS3200_Voice_Cards_orig.gif ●リリース …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Korg Lambda

コルグ ラムダは、1980年前後のポリフォニックアンサンブルです。 こちらのサイトには、ユーザマニュアルと回路図とデモ演奏があります。   http://www.carbon111.com/lambda.html デモ演奏の音が分厚くてなかなか気持ち良いです。 基本はトップオクターブシンセサイザーと呼ばれる分周式オル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Quick Method for Matching Diodes/Transistors

シンセ自作で面倒なことの一つに、アンチログ回路やラダー型VCFのために、ダイオードやトランジスタのマッチングをとらなければならないことがあります。Moogではマッチング用の回路も公開してくれていますが、結構面倒です。今日は、私の簡易な方法を紹介します。 ●ダイオードの場合は、これだけです。   「テスターでアノードカソード間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg PS3100 Polyphonic Synth Pt.3

随分時間を空けてしまいましたが、続けます。 ●ディケイ ディケイの放電の概略 ・ディケイ期間中は4007の4番ピンと5番ピンの間がONになる。 ・D101-112とQ101-112を通じて、C201-212が定電流で放電される。 ・Q101-112のエミッタ電圧と、Q113のエミッタ電圧が、サスティーンの電圧(ディケイ放電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

analoghell.com (ローランドMKSシリーズ他)

忙しくて新しいことを書く気がおきないので、サイトを紹介します。   http://dl.analoghell.com/ 珍しいユーザーマニュアルやサービスマニュアルがたくさんあります。 半分位はどこかで見たことのあるモノですが、ローランドのMKSシリーズの マニュアルの大部分は、多分こちらにあるのがネットに出回った初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more