Monotron Pt. 4: LFO

回路図: http://www.korg.co.jp/Support/Manual/download.php?id=512 ■LFO ・基本的にはVCOと同じリセット型です。ただし、シュミットトリガは、FETバッファの後からとっている点が違います。直流的な出力振幅を安定させたかったか、CMOS入力端子のインピーダンスを気にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monotron Pt. 3: VCF

回路図はこちら: http://www.korg.co.jp/Support/Manual/download.php?id=512 ■VCF ・VCF用ハイブリッドIC、Korg35の回路にそっくりです。オペアンプがLM324ですが、これなら確かに、宣伝にある通り、MS10と同じ回路と言えると思います。 ・フィルタの構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monotron Pt. 2: Ribbon and VCO

回路図はこちら: http://www.korg.co.jp/Support/Manual/download.php?id=512 ■リボン周辺 ・リボンのVRはVCCとBiasの間につながれていますが、最低域はパネルでカバーされているので、バイアス電圧より少し高い電圧からVCCよりも少し低い電圧までしか出ないようになってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Korg Monotron Schematic Pt. 1: Power Supply

Korg Monotronの回路図がKorgから公式に公開されました。なんと公式です。これは快挙ではないでしょうか。ちゃんと公開用に(おそらくアマチュア向けに)回路図も描き直してくれています。(日付が最近であることからわかります。) http://www.korg.co.jp/Support/Manual/download.php…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ring Modulator with Dead Zone and Saturation

B級動作リングモジュレータの不感帯(Dead Zone、クロスオーバー歪)を積極的に使う方法を考えました。 Schematic of Ring Modulator with Dead Zone and Saturation. 不感帯の大きさを決める入力をつけました。それなりの範囲で可変できるようにするためにバイアス電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Class-B Ring Modulator

ARP4014に触発されて、MC1496を使ったB級動作リングモジュレータを考えてみました。 下のQ5とQ6のエミッタに個別にアクセスできることを使いました。 Y入力を正と負に分割して、Q5とQ6を個別に駆動します。 Q5とQ6のベース=エミッタ間でおきるダイオード的な特性を補償するために、ダイオードD1とD3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARP 4014 Balanced Modulator

ちょっと変わったRing Modulator/Balanced Modulatorを紹介します。 ARPのモジュール4014です。うわさでは信号の漏れが少ないとのことです。 http://www.synthfool.com/docs/Arp/submodules/ 入力がB級で動作しているのがミソです。Y入力が正の場合と負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Battery-Operated Totem-Pole VCF

9V電池で動作するVCFの新作です。(実は前回のラダーフィルタよりも前に設計していました。)これもシミュレータでの動作確認しかしていませんが、なかなかいい特性なので公開します。 私のオリジナル回路であるTotem-Pole構成をSallen-Key型にしています。 Schematic of Totem Pole VCF.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Battery-Operated Ladder VCF

某所で要望があったので、9V電池で動作するトランジスタラダーVCFを設計してみました。シミュレーションしただけですが、動作まではすると思うので公開します。 Schematic of Battery Operated Ladder VCF. 9V電池一つで動作させるためにいろいろ工夫しました。。いろいろアイデアはあった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Mini Korg VCF - Keio TS201012

Korg mini 700、700s、800DV のVCFに使われているハイブリッドIC(というかモジュール)の回路図が公開されています。 http://www.colinfraser.com/m700/ Keio IC TS201012は、770のVCFをモジュールにしたもののようです。 基本的には、Sallen-K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

External Pitch CV Input (Monotron Mod. Pt. 8)

久々ですが、、Monotron改造の続きです。外部からPitchのCVを入力できるようにしました。 基本的にはmasa921さんの方法と同じです。 http://masa921.hp.infoseek.co.jp/monotronmod/monotron_cvgate.htm VCOのCV加算回路に約40kΩの抵抗で外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pro Audio Design Forum

直前に紹介した掲示板は電子楽器ではないのですが面白いスレッドがいろいろあります。 http://www.proaudiodesignforum.com/forum/php/viewforum.php?f=1 この掲示板の管理者は、MSマイクのPCBなどを売っているようです。 ちょっとICが特殊なのでアマチュア向きではないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 8

今号はModulation Pedal(揺れモノ)特集で、初心者向けからとてもマニアックな話までとても楽しめました。 レスリー、フェイザー、フランジャー、コーラスについて図を多用して詳しく説明しています。ちょっと図や文字が小さいですが、説明が詳しいので我慢します。細かい誤りも許容範囲です。 これまで意味の無い周波数特性が掲載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VCO Mute (Monotron Mod. Pt. 7)

VCOの音が出ないようにするために、ミュートできるようにしました。外部入力を使うときには、内部のVCOが邪魔なことがあるからです。 VCO Mute. 基板裏のVCO出力端子[VCO]をVCCに直結するとミュートできます。 VCOの出力は、JFETのソースなので、Vccに直結すると、JFETがOFFになります。 消費電流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Using LFO as EG (Monotron Mod Pt.6)

MonotronのLFOは、リボンを押すとリセットがかかることでEGのように使えるのが特徴ですが、本当のEGになるように、LFOの繰り返しを止めてしまう改造です。 LFOはリセット型と呼ばれているVCOになっています。(ちなみに回路はMoogに似ています。)積分器の出力電圧がある閾値に下がった瞬間にリセットがかかるのですが、これを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ribbon Pitch Range Expansion (Monotron Mod. Pt. 5)

比較的簡単にできる改造について、回路を紹介します。(改造は自己責任でお願いします。) 今回は、リボンコントロールによる音域(ピッチの可変域)を拡大する改造です。 約1オクターブの音域になっていますが、これを拡大します。 改造のための回路は簡単で、基板裏に出ている端子[PITCH]と端子[GATE]の間に抵抗を入れるだけです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg Monotron Modification Part 4

MTM05に持っていった改造Monotronの写真が掲載されています。 理屈にあわない楽しさを求めて 電子楽器をつくる人の哲学: http://ascii.jp/elem/000/000/524/524753/ takedaさんやGanさんへのインタビュー記事です。 この記事にあるMS20ライクな改造というのが、私のです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg Monotron Modification Part 3

改造内容は以下のような感じです。 ・Modular化: ブレッドボード用のワイヤでパッチング可能。 ・入出力端子の外部引き出し。 ・外部CV入力、外部Gate入力追加。 ・Ribbonのレンジ拡大: 1オクターブだけでなく、2オクターブ、4オクターブに切り替え可能。 ・VCOのMute: 外部入力のときに、VCOが邪魔だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg Monotron Modification Part 2

MTM05( http://jp.makezine.com/blog/2010/05/mtm05.html )に持っていくために突貫作業中です。 VCO、Noise、LFOを足したりしてモジュラー化しています。 もう少しがんばらなければ、、。 つづく KORG monotron (モノトロン)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg Monotron Modification Part 1

Korgから手のひらサイズのシンセMonotronが発売されました。単体楽器として楽しいのはもちろんですが、改造しやすくできているとのことで早速あけてみました。 参考(内部写真のあるブログ) http://airvariable.asablo.jp/blog/2010/04/25/5041601 すでに改造済み、、。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Enclosure for Filter Bank Using GEQ ICs

完成したフィルタバンクの写真をまだ公開していませんでした。 VRを沢山つけたせいか、うらにある紙がちょっとゆがんでしまいました。紙の端までVRやコネクタをつけたほうがゆがみが少なくなるのですが、 これまでの記事 http://houshu.at.webry.info/201003/article_1.html h…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作

とても良い初心者向けの本がでました。(表紙や出版社の紹介ページなどとても怪しいと思っていたのですが、、) ■気になるところ 先につっこんでおきます。 ○全体に ・ツマミの名称を独自につけるのはいいけど、普通の名称も併記してほしい。Distortionの歪み量を決めるツマミを必ず「Kaminari」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Synthschool.com

シンセ講座のサイトです。Youtubeのチュートリアルがとてもわかりやすいので紹介します。英語がわからなくても、少しシンセの知識があれば理解できるのではないかなあと思います。 http://www.youtube.com/user/SynthSchool 以下参考。こちらは英語がわからないと骨が折れます。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hammond 102100

珍しいハモンドのシンセです。このシンセは、昔、東京竹橋の科学技術館にあったはずです。多分私が最初に触ったシンセサイザーです。懐かしいので少し説明します。 パラメータをボタンで切り替えて音作りします。(音色は記憶にないのですが、ボタンの感触は記憶にあります。)回路はMoogなどとは全く違いますし、ローランドなど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

PAIA 6710 Vocoder

低解像度ですが、回路図が公開されているのを見つけました。 Paia Talk → Documentation and User Manuals → 6710 Vocoder http://www.paia.com/talk/viewtopic.php?f=6&t=172 バンド数は8と少なく、しかもバンドパスフィル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PAIA9700シリーズ モジュラーシンセ 新モジュール群

PAIAから久々の新モジュール群が出るそうです。9700シリーズが出てから10年くらい経っているような気がします。 http://www.paia.com/p9700s_chapter2.asp 便利モジュールが多いです。説明を読む限り、設計方針はかなり変わったようで、回路の簡単さよりも、音質重視するそうです。ICなどに表面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Filter Bank Using Graphic Equalizer IC Pt.3

GEQ(グラフィックイコライザ)用のICでフィルタバンクを作る回路を、実際に製作しました。うまく行ったとは言いがたいのですが、新しい試みのはずなので記録として詳しく説明します。 これまでLA3607を前提に設計してきましたが、、この兄弟のICでLA3600というのがあります。これを使ったGEQキットをもらったので、改造してフィルタ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Korg Sigma Performance Synthesizer

Korgのシンセサイザー、シグマのサービスマニュアルが公開されています。MSシリーズと比べるとマイナーですが、回路がとても大胆です。 Korg Sigma Synthesizer service manual   http://matrixsynth.blogspot.com/2010/01/korg-sigma-servic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Band Pass Filter Using Simulated Inductor

シミュレーテッドインダクタを使ったバンドパスフィルタ(BPF)です。Moogのフィルタバンク907や914をシミュレーテッドインダクタでできないか考えているうちにできました。 以下の回路図では、等価に近いLCフィルタと並べてあります。 Band Pass Filter Using Simulated Inductor. …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

VCA using CD4016 without control-input buffer

SDIY-MLで「アナログスイッチICのCD4016でVCAは出来ないのか?」という話題が出たので、私も頭をひねってみました。 CD4049UBを使ったVCAというのがあり、VddとVssを接続して、NMOSだけを使うようにしています。最初そのまねをしようと思ったのですが、入力に保護用のダイオードがあるため、4049UBと同じこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Filter Bank Using Graphic Equalizer IC Pt.2

前回の回路図を見直しました。 http://houshu.at.webry.info/201001/article_2.html 信号キャンセルの調整のために半固定抵抗を使うなら、最初から調整することを前提に他の欠点を減らそう、との考えで少し定数を変えました。ついでに最高域のバンドに合わせて、さらに高域が変化するようにCRを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Filter Bank Using Graphic Equalizer IC

グラフィックイコライザ(GEQ)用のICで、フィルタバンクを設計してみました。 Synth-diy MLで、「GEQ用のICでフィルタバンク(Moog 907や914など)のようなフィルタは作れないか?」という質問がありました。そのときには「周波数特性のカーブが違う」という話で終わったのですが、、、頭をひねって、信号を全く通さない…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Battery Operated VCF

9V電池で動作するVCFを製作しました。ARPで9V電池2個で動作するモジュール群がありましたが、1個で動くようにしよう、というのが目的です。基板は2年前に製作済みだったのですが、まとめる気力がなくすごしていました。先日開催のシンセビルダーズサミットに久々に参加する際のネタとして、ノイズジェネレータと一緒箱詰めすることができました。(V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Simple Noise Generator Pt.2

先日考案した超簡単ノイズジェネレータをシンセビルダーズサミット向けにまとめました。 9V電池で約5Vppの振幅のノイズが出るように、自己バイアスのアンプをつけました。 ○TL431を使ったノイズジェネレータ http://houshu.at.webry.info/200901/article_1.html スペク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Basic 16-Step Analog Sequencer

シンセビルダーズサミット向けに、16ステップシーケンサに、制御する周辺回路をつけて、それなりに使えるようにしたアナログシーケンサを、ブレッドボードなどで製作しました。 全体の回路図はこちら(ちょっと画素数が大きいです): コアとなっている16ステップシーケンサについてはすでに紹介してあります。 http://housh…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Internal Circuit of SSM2164

今日は、SSM2164の内部回路をシミュレーションできるようにした回路について少し説明します。 内部回路はデータシートにあるのですが、そのままでは動作しません。 細かいところまでは気にせず、とにかく機能として、指数制御のVCAになるように、いろいろい修正しました。 動作させるために一番大事な修正箇所はカレントミラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Exponential Conveter Using SSM2164 Pt.3

SSM2164を使った、温度補償つき指数変換回路の原理について、PCM1723さんが数式を使って詳しく説明してくださっているので紹介します。   http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/20090906/1252251837 補足:27mVという値を得た理由がPCM1723さんの解説とは少しだけ違います。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Effector Book Vol. 5

新刊が出ました。今回はサイケデリックエフェクト特集ということで、私にとってはとても楽しめる一冊です。 Univibeを設計したKorg三枝氏へのインタビューが特に良いです。先例が無いゆえの自由度を楽しんだ設計をしていたようです。 Univibe系エフェクタのスペクトル変化の図はちょっと怪しげですが、秘密が分かったようでうれし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Variations of Exp. Converter with Tempco.

温度補償した指数変換回路のバリエーションを紹介します。 温度補償の原理は同じです。対数-指数型のVCAの温度特性を使っています。 VCAとしてSSM2164を使う構成はすでに紹介しました。 http://houshu.at.webry.info/200908/article_1.html http://houshu.at…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Exponential Converter Using SSM2164 Pt.2

SSM2164を使った温度補償つき指数変換回路について、ブレッドボードでVCOを作ってテストしました。 シミュレータでの回路は前回 ( http://houshu.at.webry.info/200908/article_1.html ) のとおり複雑ですが、実際の回路はこのとおりとても簡単です。 Temperature…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

Exponential Converter Using SSM2164 Pt.1

温度補償をした指数変換回路を考えました。シミュレータでしか動作確認しておらず、ブレッドボードで実験してから、と思っていたのですが、2ヶ月以上ほうってあって、自分にプレッシャーをかけるために、現状の情報で公開してしまいます。 温度補償には、VCAの温度特性を使います。VCAあるいはOTAの温度特性を使った温度補償は、PAIA…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

Synth Paper Crafts

私でも簡単にできました。型紙は以下のサイトからのリンク先で入手できます。 http://matrixsynth.blogspot.com/2009/06/papercraft-minimoog.html http://matrixsynth.blogspot.com/2008/07/korg-ms20-papercraft.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Single Supply Exponential Converters (Anti-Log)

pcm1723さんが考案された単電源指数変換回路とそのバリエーションを紹介します。 pcm1723さんのブログに、動作や実測データも解説もされています。 http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/20081017/1224266581 http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/20081…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

16 Step Sequencer Using CD4017s

CMOS CD4000シリーズを使ったアナログシーケンサを作ろうと探しているうちに思いつきました。 CD4017を使ったシーケンサはとても簡単なのですが、普通は10ステップまでです。 http://www.midiwall.com/gear/babyseq/ http://www.modular.fonik.de/Page22…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

March (Marsh) UDS Electronic Drums

ソビエト製のエレクトロニックドラム、ドラムシンセです。 http://www.ruskeys.net/eng/base/march.php 回路図込みのマニュアルは下のほうの Manual/schemes をクリックするとZIP圧縮されたファイルとしてダウンロードできます。その中の「marsh_sxem1.jpg」が音源部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more