Wide Range Dome Filters.

とある人から要望を受けて、とても広帯域なDomeフィルタを設計しました。

Domeフィルタは、位相が90度異なる信号を作り出すフィルタです。普通は1次のAPFを縦列接続してつくるのですが、2次のAPFを使うと少ない段数(=アンプ数)でかなり広帯域をカバーすることができます。

1次のAPF縦続接続6段で作った例:
http://houshu.at.webry.info/201211/article_5.html

可聴域をTwin-TによるAPF2段で作った例:
http://houshu.at.webry.info/201211/article_3.html

可聴域をBridged-TによるAPF2段で作った例:
http://houshu.at.webry.info/201701/article_9.html

後ろの2者に、2次のAPFをもう一段ずつ足して、超低域までカバーするように設計してみました。数度のずれはあるので、高精度とは言い難いのですが、周期10秒のLFOから音楽まで、ほぼどんな信号でも入力できるはずです。

(1) Twin-TによるAPF3段で作った例:
画像


画像


(2) Bridged-TによるAPF3段で作った例:
画像


画像


おわり

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック