Furman PQ-3 Parametric Equalizer

パラメトリックイコライザで、ディップをとても深くすることができます。

普通のパラメトリックイコライザは、フィードバックでディップを作りますが、このイコライザでは減算でディップを作ります。
細くて深いディップを作れるので、ハウリング防止などに便利です。

回路図へのリンクがある掲示板:
https://www.gearslutz.com/board/so-much-gear-so-little-time/1075736-furman-pq-3-greenface-schematic-needed-broken-help.html

フィルタは状態変数型ですが、積分器の定数が非対称です。ディップをきれいに作るために、zero adj.と書かれた半固定抵抗で最小のゲインを調整しています。(この半固定抵抗の調整に失敗すると、ゲインを下げきったときにまた上がる可能性があります。)

オーバーロード検出回路は、ダイオードであちこちの電圧を集めて、一つのオペアンプでオーバーロードを判定しています。一か所でも閾値を超えるとランプが点灯します。スタジオ用のエフェクタなどでは時々使われていますが、ノイズを減らすために内部の信号を大きくしたいが、歪ませたくないのでしょう。

おわり

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック