VC State Variable Filter Using NE570.

NE570を使って、State VariableのVCFも設計してみました。

State Variable Filterのほうが直流結合が前提なので難しいと思ったのですがなんとかなりそうです。

回路図:
画像


全部交流結合です。積分器の直流負帰還を十分に低い周波数にしています。零が重ならないようにキャパシタの値をずらしました。これは大事かどうかは分かりません。NE570でレゾナンスも電圧制御できるようにしました。

周波数特性:
画像


HPFの特性はちょっと危なっかしいですが、LPFやBPFは問題なさそうな特性です。

SVFではCV漏れを少なくするために半固定抵抗を使ったりしますが、NE570を使ったモジュールでは調整は必要としないようです。この回路は交流結合ですので、たぶんCV漏れについては無調整でいいのではないかと期待しています。

1個のNE570にはOTAが2個入っています。あまっているOTAでVCA作れば使えるモジュールになりそうです。
オペアンプがあまり良くないのがちょっと残念ですね。

おわり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック