Wavemultiplier Part 6.

Wavemultiplierを電池動作するように設計しました。信号振幅は5Vです。

回路図:
画像


入力信号は交流結合ですが、CVなどを足して直流結合できるように一段目にアンプをつけました。

電源中点は、各段で電源から対称に作るようにしました。もちろんBias回路を設けたほうがいいです。折れ曲がる電圧を決める基準電源も電源から対称に作っています。コンデンサはもっと大きくしたほうがいいはずです。

波形:
画像


波形は、折れ曲がりの間隔が同じくらいになるように調整してみました。きれいな倍音が発生することを期待しています。

このシリーズおわり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック