Through-Zero Sawteeth VCO with 2 Reset Circuits.

Through-Zero VCOのようなものを設計してみました。(いつものように作っていません)
CVが0Vで、波形の充放電の向きが反転します。FMすると楽しいようで、ガレージメーカーのいくつかで出ていて人気モジュールのようです。

普通のThrough-Zero VCOは三角波なのですが、この回路はノコギリ波です。Ian FritzさんのThrough-Zero VCOのブロック図(回路図は公開されていない)を見て、思いつきました。

IanさんのThru-Zero VCOとサンプル音:
http://electro-music.com/forum/topic-29149.html
基板も売ってます。
http://bridechamber.com/F_Teezer.html

CV周りなしの原理回路図:

画像


積分回路1個にリセット回路が2つついています。このリセット回路は、CVの正負でどちらか一方だけが動きます。
ここまではIanさんのブロック図から読み取れます。

リセットされて戻る電圧をぎりぎりまでシフトすると0V付近でも綺麗につながります。ちょっとだけ直流レベルがシフトします。

波形1:
画像


波形2(拡大図):
画像



Ianさんの波形と少し違うので、CVが0Vになるときのロジック回路の切り替え方が違うような気がします。Ianさんの回路ではCVの正負を検出してリセット回路を切り替えているのではないかと想像します。

リセットを少し高速化する回路も考えました。リセット時間が半分近くになります。ただし、この辺になると、積分器のオペアンプの速度が支配的になる場合も多く、面倒な回路の価値があるかどうかちょっとわかりません。


回路図2:
画像


おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック