Noise Gate for Monotron.

Monotronを改造しすぎてノイズが多くなったので、ノイズゲートを組みこみました。元のMonotronもノイズが少ないとは言い難いので、本体に内蔵して常に動作するようにしました。私の改造では、基本的に本体内部には電子部品は無いのですが(端子を取り出すための配線はたくさんある)、これだけが電子部品内蔵です。

回路は以下の通りとても簡単です。

画像
Noise Gate for Monotron.


VCFの後にゲート回路を入れるのではなく、VCF内部回路の利得自体を切り替えています。切り替えのためにはP-MOSを使いました。このP-MOSのゲートをVCO enable信号でON/OFFします。

P-MOSのゲートについている10Mは、切り替え時のノイズを減らすためです。これがないとプチプチとノイズが聞こえます。

P-MOSは、Vth(しきい値電圧。MOSがONになる電圧)が低いもののほうが望ましいと思います。私の使ったZVP4424AはMouserで買えます。

P-MOSでない回路もできると思いますが、少し回路が複雑になります。どうしてもやってみたいと言う人はご連絡ください。

改造のためにはんだ付けするのはオペアンプの端子なので、比較的簡単です。(本当は簡単ではありません。あくまで比較的、、です。)

この改造は、Monotronだけでなく、Monotron Duoでも使えるはずです。Monotron Delayでは、Delayのフィードバック経路を切ってしまうので、使えないと思います。

おわり

余談: VRのつまみを半田ごてで溶かしてしまいました。見た目がずいぶん悪くなりました、、、残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック