Korg Monotron Modification Part 1

Korgから手のひらサイズのシンセMonotronが発売されました。単体楽器として楽しいのはもちろんですが、改造しやすくできているとのことで早速あけてみました。

参考(内部写真のあるブログ)
http://airvariable.asablo.jp/blog/2010/04/25/5041601
すでに改造済み、、。
http://denhaku.blogspot.com/

見ての通り、基板表面にある部品がとんでもなく小さいのですが、基板裏には、典型的な入出力ポイントが名前つきで露出しています。これらを使えば楽しい改造ができそうです。

外観を極力変えずに、入出力ポイントへアクセスできるように、コネクタを設置しました。入出力ポイント以外の点を引き出せるように、端子数は多めにしてあります。

画像


ピンが刺さるように、カッターと金ノコの刃を使って、スリット状の隙間を開けました。これで外部にいろいろな基板、回路が取り付けられます。ピンを抜けば、一見もとのMonotronと変わりません。

つづく


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック