Simple Noise Generator Using TL431

基準電源用ICであるTL431を使ったノイズジェネレータを考えました。振幅は小さめですが、簡単なプロジェクトには使えると思います。電源電圧5Vで動作し、部品数が極限まで少ないのが自慢です。

画像


基準電圧源から出ているノイズを内蔵のアンプで目一杯増幅しています。とはいえ限界があり、振幅は50mVpp位です。

振幅にはメーカや個体差があるのかもしれませんが、私が入手したSTマイクロ製とTI製では同じでした。ゲインを上げようとR1やR3を定電流ダイオードにしてみたりしましたが、効果ありませんでした。内蔵アンプの出力インピーダンスがかなり低いようです。

さらに低い電源電圧でも、図の右側のように、TL431に流す電流を1mA程度以上にすれば動作します。負荷抵抗が小さいので、少し振幅が小さくなりますが、電池で動作する簡単なシグナルインジェクタにはイイかもしれません。

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Simple Noise Generator Pt.2

    Excerpt: 先日考案した超簡単ノイズジェネレータをシンセビルダーズサミット向けにまとめました。 9V電池で約5Vppの振幅のノイズが出るように、自己バイアスのアンプをつけました。 Weblog: アナログ電子楽器の回路を読む racked: 2009-12-03 01:21