The Effector Book (Vol.1)

新しいエフェクタ本を買いました。こういう本がいろいろ出ると楽しくなりますね。

回路の本ではないのですが、Distortion+の説明用回路図(29ページ)の間違いがとても気になってしまいます。
この間違いを見つけられる人はたくさんいると思うので、、ちょっと残念です。
でも回路の話をまともにしようとしているのは、すごいことだと思います。
この調子で進歩しながら、継続的に出版し続けて欲しいものです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [本]『The EFFECTOR BOOK Vol.1』

    Excerpt: 松美庵さんが書いていると知ってさっそく予約した。 予約したところが悪かったのか、発売日から過ぎてから到着。当初は10月中旬到着とか言われていたぐらいなのでまだ良かったのだけ Weblog: 電音の工場ブログ racked: 2008-09-04 08:50