VCAs Using 1496

Inspired by the discussion at SDIY-ML.

They said that a 4 quadrant multiplier such as 1496 is not suited for VCA. (Of course I agree with them.)
However, I found that 1496 can be used as a 2 quadrant multiplier by disabling some of the internal transistors.

I tested these structures on LTspice and they seem OK. When a 1496 is easier to get than OTAs, these structures can be alternative candidates.

In Japanese: 以下は日本語です。
SDIYの人は日本語が読めないのが普通なので、先に英語としました。

SDIY-MLでバランスドモジュレータMC1496(LM1496)を使ったVCAが話題になっていたので頭をひねってみました。MLでは、「1496のような4象限乗算器は使えないよ」という結論になっていたようなのですが、一部のトランジスタを使えなくすれば、2象限乗算器として使えることに気づきました。

LTspiceで検証したので多分動作するはずです。

OTAが入手できないときには、こういう回路もありだと思います。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック