Korg Lambda

コルグ ラムダは、1980年前後のポリフォニックアンサンブルです。
こちらのサイトには、ユーザマニュアルと回路図とデモ演奏があります。

  http://www.carbon111.com/lambda.html

デモ演奏の音が分厚くてなかなか気持ち良いです。

基本はトップオクターブシンセサイザーと呼ばれる分周式オルガンなのですが、マスターの発振器と分周回路が3系統もあるので、とても分厚い音が出ます。ビブラートは、三相発振回路の出力を使って、マスター発振器が別々に揺らされます。

さらに厚みを出すためにコーラス回路もあります。

ブラス音などのための、音色の時間変化は、MS20に少し似ているVCFと、沢山のVCAなどで作っています。

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック