アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Phaser Using Variable-Q APFs.

<<   作成日時 : 2017/02/01 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Qを可変できるAPFで、Phaserの特性がどうなるかシミュレーションしてみました。中心周波数は変えないで、Qだけを変えました。

回路図:
画像


周波数特性:
画像


画像


中心周波数を中心にして、Qに応じてノッチの間隔が伸び縮みします。Final Phaseの独特な音は主にノッチ間隔の狭さに由来するのだと思います。Qを上げるとAPFの周波数特性が乱れる分、ノッチの深さが少し浅くなりますが、音に大きな影響はないと想像しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Phaser Using Variable-Q APFs. アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる