アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Variable Response Current Sources for VCA. Pt. 2.

<<   作成日時 : 2015/11/11 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

単電源の簡単な回路なら、CVに対する利得の応答曲線を連続的に変えることができるようになりました。単電源で、可変抵抗が1個でできるのがいいところです。

画像


画像


可変抵抗の値を大きくしていくと、応答が折れ線的になってきます。最大の電流が200μAになるように定数をいじっています。この応答の曲線が使いやすいかどうかわかりませんが、記録として残しておきます。
(本当は可変抵抗の値を大きくしたかっただけなのですが、あまりうまくいかなかったというのが実情です。)

画像


画像


画像


画像


つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KORG monotron (モノトロン)
KORG
ユーザレビュー:
毎日使っていると楽し ...
安い、簡単、太い音、 ...
モデリングではありま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
ド素人のためのオリジナルエフェクター製作 (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック【増補改訂版】
遠藤 智義
ユーザレビュー:
表紙がファンキーです ...
本当に使えるエフェク ...
意外にも中級者でも読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
Variable Response Current Sources for VCA. Pt. 2. アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる