アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Saw-to-Sin Converters

<<   作成日時 : 2012/02/24 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1オペアンプで全波整流してノコギリ波を三角波に変換する回路を検討しているうちに、正弦波にも変換できることに気づきました。

元になった全波整流回路: http://houshu.at.webry.info/201201/article_5.html

ノコギリ-正弦波変換回路:
画像
Saw to Sin Converters.


入力信号のノコギリ波が5Vpp(peak-to-peak)の場合と6Vppの場合で設計してみました。

全波整流回路での折り返しの際に、下側がつぶれています。このつぶれをそのまま使います。ほどほどのつぶれ具合になるように流れる電流を調整する必要があります。

全波整流を接続する際に上側のピークをつぶします。そのために、ダイオードD3, D4、D10, D11、D20, D21が入れてあります。全波整流の結果がうまく接続されるように、R5, R17, R21は半固定抵抗を使って調整できるようにしたほうがいいように見えます。ダイオードを1個別品種に取り替えたりすると10mV程度の段差が生じます。他の部品についてもそれなりの影響があるはずです。三角波よりも少し正弦波っぽい音が出れば良いや、と割り切れるのなら、無調整でもいいと思います。

全波整流の接続で発生しやすいパルスを減らすために出力には簡単なフィルタを入れました。

5Vの場合(UCCC)の波形:
画像
Input and Output Waveforms for 5Vpp Signal.


画像
Input and Output Waveforms for 6Vpp Signal.


画像
Input and Output Waveforms for 5Vpp Signal. (Single Supply)

単電源でも問題なく動作しそうです。

おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Saw-to-Sin Converters アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる