アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Negative Series Regulators Using TL431.

<<   作成日時 : 2011/02/22 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TL431を使った負電源回路です。シャントレギュレータは簡単ですが、シリースレギュレータは無いそうなので、頭をひねってみました。制御トランジスタをPNPにした場合とNPNにした場合の両方を考えました。

実機実験はしていないので、電源ON/OFF時や負荷のインピーダンスなどで問題が発生する可能性があります。

■制御トランジスタをPNPにした場合です。

画像
Negative Series Regulator Using TL431 and PNP Contorl Transistor. Tested only on LTspice.


○考え方、工夫した点
・TL431が出力電圧の安定度を支配するように、TL431のアノードが出力になるような接続にしました。また、制御はカソードから行っています。こうしないとTL431の温度安定度が出ないはずです。
・TL431のカソードからPNPトランジスタを制御するために、PNPトランジスタで電流の方向を反転しています。
・出力電流は、R18とQ1のHfeで決まります。

■制御トランジスタをNPNにした場合

バリエーションをいろいろ考えました。

画像
Negative Series Regulator Using TL431 and NPN Contorl Transistor. Tested only on LTspice.


○考え方、工夫した点
・TL431が出力電圧の安定度を支配するように、TL431のアノードが出力になるような接続にしています。制御はカソードから行っています。
・LEDを多数直列にしたり、TL431をもう一個使ったりしているのは、TL431が飽和しないようにするためです。2.5V程度以上かかるようにしています。
・出力インピーダンスを下げるために定電流源を使ってフィードバクゲインを高くしました。定電流源にすると、過負荷の際に、自動的に電流制限がかかるというメリットもあります。
・この定電流源は大抵の場合、抵抗でも問題ないはずです。ただし、しっかりと設計する必要があります。シミュレーションでは、定電流源を使った場合より、少し出力インピーダンスが下がってしまうようでしたが、困るほどではないと思います。

○LTspiceシミュレーションでの注意
・TIからのSPICEモデルのlibファイルをmodファイルにしてシミュレーションしました。

一応できたのですがかなり面倒で、これならLM337を使った方がいいように思えます。

おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KORG monotron (モノトロン)
KORG
ユーザレビュー:
毎日使っていると楽し ...
安い、簡単、太い音、 ...
モデリングではありま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
ド素人のためのオリジナルエフェクター製作 (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック【増補改訂版】
遠藤 智義
ユーザレビュー:
表紙がファンキーです ...
本当に使えるエフェク ...
意外にも中級者でも読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
Negative Series Regulators Using TL431. アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる