アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Class-B Ring Modulator

<<   作成日時 : 2010/10/26 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ARP4014に触発されて、MC1496を使ったB級動作リングモジュレータを考えてみました。

画像



下のQ5とQ6のエミッタに個別にアクセスできることを使いました。
Y入力を正と負に分割して、Q5とQ6を個別に駆動します。

Q5とQ6のベース=エミッタ間でおきるダイオード的な特性を補償するために、ダイオードD1とD3が入っています。
完全な補償ではないので、Y入力が0V付近のときに不感帯(Dead Zone、クロスオーバー歪)ができるのですが、このほうがY入力信号の漏れが少ないという利点があります。

おわり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Class-B Ring Modulator アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる