アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Korg MS10 & MS20 Filters

<<   作成日時 : 2006/09/02 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

SDIY-MLから。Tim Stinchcombeさんが、KorgのVCFについて、すばらしい解析論文を公開してくれました。

http://mysite.wanadoo-members.co.uk/tstinchcombe/synth/MS20_study.pdf

各章の概要は以下の通りです。

2章: MS10型(ハイブリッドICのKorg35を使用)とMS20後期型(OTAを使用)の基本構成 (実は伝達関数型が結構違う)

3章: Korg35で、トランジスタが可変抵抗として働く際の動作

4章: Korg35の非対称レゾナンス (リンギングが上下で違う)

5章: フィードバック経路でのダイオードの非線形性の効果

6章: OTAを使う際の指数制御

7章: HPFのスロープ (実は6dB/Oct)

8章: Sallen-Key型の神話(伝説?)について
  ・「Sallen-Keyは発振器」:Qの変化が急激で設定しにくいだけ。
  ・「ゼロクロスで発振する」:フィードバックのダイオードの効果によるもので、Sallen-Keyだからではない。

英語で、しかも論文ですけど、がんばって読む価値があると思います。私は数式は読み飛ばしましたが(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
サイトが移動していました。

http://www.timstinchcombe.co.uk/synth/korg.html
houshu
2010/04/20 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
KORG monotron (モノトロン)
KORG
ユーザレビュー:
毎日使っていると楽し ...
安い、簡単、太い音、 ...
モデリングではありま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
ド素人のためのオリジナルエフェクター製作 (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック【増補改訂版】
遠藤 智義
ユーザレビュー:
表紙がファンキーです ...
本当に使えるエフェク ...
意外にも中級者でも読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
Korg MS10 & MS20 Filters アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる