アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Korg Lambda

<<   作成日時 : 2006/04/22 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

実はよく知らないのですが、ラムダは80年前後発売のポリフォニックアンサンブルです。

コルグのサイトでの紹介:

http://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/Sigma/

その回路図が見つかりました。

http://www.korganalogue.net/korgother/ES50Lambda/Korg_Lambda_schematics.pdf

一部は文字も読み取れないほどなので、コルグ回路の知識がかなりないと、何をやっているのか分からないと思います。私も分からない部分があります。でも、はじめてみたので紹介しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
コーラス回路は専用ドライバを使わずに、ファンクションジェネレータVCO(LFO)で得られた三角波を台形波にしてから、クロックの無安定マルチバイブレータVCOに入力していますね。
ドライバICが手に入らない時の参考になりました^^;
masa921
2006/04/22 18:41
じつは名前を聞いたことがあるぐらいで初めて見ました「あぁ、これほしいぃぃ」と、鍵盤弾けないのに本気で思いました。
どちらかというとシグマのほうがほしいです。
しょうもないコメントですいません^^;
r0r0
2006/04/23 00:31
>masa921さん
コーラス作ったということですね。次回のネタに是非!

>r0r0さん
デルタ、ラムダ、シグマとも、私がシンセに興味を持った頃にはあったらしいのですが、当時のカタログの中ではダントツMS20が格好イイと思ってました。(ツマミとパッチケーブルがです。)
houshu
2006/04/24 01:35
コーラスは良く使うエフェクタなので、いつか自作したいとは思っているのですが、まだ手を付けていません^^;
回路見直してみたのですが、ダイオードとその後のコンデンサでなんちゃってサインコンバータですね。ダイオードは三角波頂上付近のみ丸くなるようにしているようです。
masa921
2006/04/24 13:26
コルグ・ラムダ! 久しぶりに聞く名前です・懐かしい。
当時フュージョンバンドでキーボード担当していて,シグマとデルタを所有していました。
技術的な話でなく申し訳ありません。
Shino あるいは Hyaru
2006/04/24 20:33
>masa921さん
是非次回のネタに、、、、無理は言いません。

>Shinoさん
シグマとデルタ両方なんてうらやましい話です。
houshu
2006/04/28 01:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
KORG monotron (モノトロン)
KORG
ユーザレビュー:
毎日使っていると楽し ...
安い、簡単、太い音、 ...
モデリングではありま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
ド素人のためのオリジナルエフェクター製作 (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック【増補改訂版】
遠藤 智義
ユーザレビュー:
表紙がファンキーです ...
本当に使えるエフェク ...
意外にも中級者でも読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
Korg Lambda アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる