アナログ電子楽器の回路を読む

アクセスカウンタ

zoom RSS Maestro Stage Phaser MPP-274A Pt. 1

<<   作成日時 : 2005/12/16 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かのMoog博士が設計したというフェイザーです。

回路図はこちら:

http://www.dredgetone.com/Schematics/Stage%20Phasor%20MPP-274A.pdf

回路の説明まで書いてあります。 (こういうマニュアルはありがたいですね。)

OTAのCA3094を使った可変のAPFを5段直列に接続して、さらにIC10Aによる固定APFがついており、合計6段のフェイザーです。可変APFはQ5A,Q5Bによるアンチログ回路を通して制御されています。BALLSと書かれたR9でフィードバックの量が変わります。

普通のフェイザーに加えて、レズリースピーカのシミュレーションを意図した「Motor Start/Stop Simulation」という機能がついているのが特徴です。

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maestro Stage Phaser MPP-274A Pt. 1 アナログ電子楽器の回路を読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる